ラヂオつくばに行ってきた

先週の話、
直前の告知通り
ラヂオつくばに行ってきた。

Wh@t? Tsukuba! という番組。

じつは今回、急な出演依頼だった。
予定してたゲストが急に都合が悪くなったとのこと。
で、お鉢が回ってきた。
ピンポイントで都合が良かったので
出演させていただくことにした。

Substitute! Yeah!

Wh@t? Tsukuba!
3月12日以来、通算3度目の出演。
前回は、がっちゃんと2人で、
「らんりゅう」動画公開と
G-MODEが話題だった。

今回は〜〜、急なことゆえ
バンド的には特に話題もなく。。。
なので、絵描きの垂井の話が中心になった。

パーソナリティは
前回と同じ、立川記子さん。

おっと、時節柄アクリルの遮蔽板だ。

席について、
さぁ、コーナー始まるぞ、という
若干緊張感が高まったタイミングで
ディレクターさんが、
「リクエストきてるんで、曲かけます」

ちょっと、肩透かしになったけど
嬉しい驚き。

リクエスト曲
「みつめていたい」
横浜市のナカジマさん、
ありがとうございます。

で、主な話題は、僕が所属している
日本出版美術家連盟が制作リリースした動画
「疫病退散!JPAL妖怪アマビエ展」

音楽は、
ギタリスト嘉多山信がっちゃんに手伝ってもらった。

たくさんの絵描きが、
新型コロナ収束を願い描いた
個性豊かなアマビエたち。

YouTube で見れます。
ぜひご覧ください。

喝! TARUI BANDの話題としては
ライブ再開は8月、新横浜 LiTで。

全体的には前回と同じく、
グダグダな感じで。。。
どうなんでしょ。

でも、あまり反省はしてない。

陰々鬱々なことが多い今日このごろ
楽しく気分転換ができた。

立川さん、ディレクターさん
ありがとうございました。

聴いてくれた方
ど〜もスミマセン。

今度はもっと早めに告知します。
今回は急な出演決定だったので。

(タ)

7/8 ラヂオつくば出演 84.2MHz

ラヂオつくば Wh@t Tsukuba!』
出演させていただきます。
番組はPCやスマホでも聴くことができます。
放送局のサイトでご確認ください。

「ラヂオつくば」84.2MHz
http://radio-tsukuba.net/
07/08(水)11:00〜13:00
Wh@t Tsukuba!』
立川 記子さん

垂井ひろしの出演は
11:30頃~の予定

番組へのTwitterハッシュタグ
#what_tkb
(上記ハッシュタグをつけてツイートされると
番組内で読まれることがあります。)

Facebook
https://www.facebook.com/radiotsukuba/

FM84.2 ラヂオつくば

AMABIE アマビエ

もうすっかりお馴染み
疫病退散の伝説の妖怪
“アマビエ”

バンドの話題とちがうけど、
日本出版美術家連盟(JPAL)という
イラストレーター、挿絵画家、漫画家の
団体があって、

そのJPALが、新型コロナ禍収束への祈りを込めて
会の内外に声をかけて
アマビエの絵をたくさん集めて
動画にして公開を開始した。

音楽はギタリスト嘉多山信がっちゃんが担当。

個性豊かなアマビエたちと
がっちゃんのギターを堪能してって感じだ。

伝説のアマビエは、疫病が流行したら
「私の姿を写し(描き)多くの人に見せよ」
と告げて消えたという。
なので、より多くの人に見ていただきたく
拡散にご協力いただけたら嬉しいです。

(タ)

東京新聞に

3月11日に公開した
喝! TARUI BAND のビデオ
『らんりゅう RanRyu-Stormy Stream』で、
たくさんイラスト作品を使わせていただいた
イラストレーター鈴木邦弘さんを紹介する記事が

6月30日より
東京新聞に掲載されている。

2週間で10回掲載されるそうだ。

東京新聞のサイトでも読めます。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/38809?rct=national

 

『らんりゅう RanRyu-Stormy Stream』

 

リハーサル動画公開〜〜

メインの練習場所だった
Studio REVOLE を失い
次なる安住の練習場所を求めて
スタジオ流民なのだが。。。

がっちゃんが面白いカメラを持ってきたので
撮ってみた。

 

 

リハーサル動画です。

(タ)

Shock! REVOLE & GOODMAN その1

ショック!
ぜんぜん予期してなかった出来事が起きてしまった。

秋葉原の音楽スタジオ・リボレと
秋葉原のライブハウス Club GOODMAN
閉店である。涙。

「新型コロナウィルス感染拡大の影響により事業継続の目途が立たず、まことに残念ながら閉店させていただくことになりました。」

マジかっ!

リボレもGOODMAN も都内に何店舗もある大きな楽器店、
イケベ楽器が経営しているスタジオとライブハウスである。

だから、このコロナ禍も充分しのげると
勝手に楽観視していた。
「スタジオが潰れたら練習しないでライブやるんですか」
でお馴染みのStudio OZのように
悲鳴をあげ救済を求めていたわけではない。

うむむ、大きい会社だからこそ、
厳しい部門はサクッと
見切りをつけたってことなんだろう。。。

しかし困ったことだ。
秋葉原のスタジオリボレは
ここ5、6年、喝! TARUI BANDの
メインの練習場所であり、
僕とがっちゃんがちょいちょい個人練習でも利用していた。

イケベ楽器秋葉原店の地下1階に
Club GOODMAN が、
地下2階、3階にスタジオリボレが。
我々喝! TARUI BANDは主に
最下層、事実上の地下4階のスタジオを利用していた。
広さの割に安かったのだ。

地下に利用できるエレベーターはなかった。
楽器を背負っての階段の昇り降りは
下半身強化に役立っていたように思う www

最下層のスタジオには何か出る、という噂もあったが
霊感の弱い僕は気配すら、一切感じたことがないから
な〜んにも問題はなかった。

Studio REVOLE

ちなみに温泉ではない。。。

じつは 3月11日に公開した
『らんりゅう RanRyu-Stormy Stream』
もリボレで撮影した。

イラスト:鈴木邦弘

メインの練習場が決まるまでは
しばしの間、流民である。

ライブハウス Club GOODMAN
については、その2に続く(?)

(タ)

久しぶりに都内でリハ

かなり久しぶりに
都内のスタジオでリハ。

都心部では、
まだ営業を再開してないスタジオもある。

スタジオに到着すると、
入口にコレが!

おっ!SNS上で話題になってた
足踏みペダル式の
アルコール消毒液だね。

音楽スタジオらしく
ドラムセットのハイハット・スタンドを利用した
足踏みペダル式。

指先を消毒するんだから
足踏みペダルのほうが良いよね。
商品化された、という噂も。。。

ちなみに、
ハイハット、よく知らない方のために
タコじゃなくてエビじゃなくて、以下です。

Hi-hat

小さめのシンバルが向かい合わせで2枚。
ペダルを踏んで、開いたり閉じたりさせます。
あんまり適当な説明をしてると
(ス)さんからツッコミがはいるかもね。。。

(タ)

救済Tシャツ第2弾到着〜!

Studio OZ 救済 Tシャツの第2段が到着。

ライブハウスが生き残れても
スタジオが潰れたら、
練習しないでライブやるの?
で、お馴染みのStudio OZ救済GOODSです。

ここを読んで、救済にご協力いただいてる皆さま
OZ店主に成り代わって御礼申し上げます。

第3段も始まってますよ。
https://studiooz.thebase.in/

Studio OZ Tシャツ

ちなみに、黄色が第2弾、赤が第3

新横浜LiTやCLUB SENSATIONの
クラウドファンティングも申し込んでるので
この夏はアレですな。
各種救済Tシャツ着て過ごすという。

喝! TARUI BAND も救済Tシャツ
リリースしても良いですか?
KTBマークのTシャツとか〜〜。

(タ)